パワーポイントでスライドを作って印刷したとき、上下左右に意図しない余白が入ってしまったり、余白が少なかったりして、悩んだことはありませんか?


パワーポイントでは、ワードのような余白設定ができません
スライドのサイズを調整して余白を作ります。

つまり、パワーポイントには余白の大きさを調節するという考え方がありません。
スライドそのものの大きさを決めることが、結果的に余白の大きさの調節となります。

そこで、スライドを印刷して配布資料にするなどの場合、余白の調整には、プリンター側の機能を使います
具体的には、印刷プレビューを使います。
もし、あなたがお使いのプリンターに「縁無し(余白無し)印刷機能」があれば、用紙ぎりぎりまで印刷することが可能です。

さて、余白を自由に設定する方法としては、次のようなものがあります。

  • 印刷プレビューのオプションで「用紙に合わせて拡大/縮小」にチェックを入れる方法
  • 印刷ダイアログボックスのオプションで「用紙に合わせて印刷する」にチェックを入れる方法

また、パワーポイントのバージョンによっても違いますので、ヘルプの検索画面で「余白」と入力して、その指示に従う方法もあります。
「ページ設定」にて印刷の向きを設定し、スライドのサイズを設定し、最後に縦横のサイズを調整する方法もあります。
ただしこれは、スライド作成前に設定しなければなりません。

マイクロソフト パワーポイント 参考書 → PowerPoint 関連書籍