エクセル(Excel)というと、「表計算」のソフトウェアとして有名ですよね。

エクセルの便利な機能に「関数」というものがあります。
あなたも、「関数」という言葉はご存じだと思います。

でも、エクセルで一番悩むところが、この関数の使い方ですよね。
便利なはずなのに、上手く動かない・・・


さて、エクセルの関数とは、あなたの実行したい処理を簡単にするための、予め作られているプログラムです。

エクセルの関数には、次のような10種類のものがあります。

  • 統計
  • 情報
  • 日付/時刻
  • 文字列操作
  • 検索/行列
  • 論理
  • 数学/三角
  • データベース
  • 財務
  • エンジニアリング

エクセルの関数はたくさんあります。
初めは、よく使われるような関数をマスターしましょう。
関数を使いこなせるようになれば、あなたの仕事は、きっと短時間に出来るようになりますよ!

よく使われる関数

SUM(サム)
  指定範囲の合計値を出します。
SUMIF(サムイフ)
  検索範囲の項目や条件ごとに合計値を出します。
AVERAGE(アベレージ)
  指定範囲内の平均値を出します。
MAX(マックス)
  範囲内の最大値を求めます。
MIN(ミン)
  範囲内の最小値を求めます。
COUNT(カウント)
  数値データの入っているセルを数えます。
COUNTA(カウンタ)
  数値、文字、式などのデータが入力されているセルの数を数えます。
  ただし、未入力セルは数えません。
COUNTBLANK(カウントブランク)
  空白のセルを数えます。
COUNTIF(カウントイフ)
  検索条件に合うデータの入っているセルを数えます。
CONCATENATE(コンカティネイト)
  文字列を結合します。
NOW(ナウ)
  今日の日付と時刻を表示します。
TODAY(トゥデイ)
  今日の日付を表示します。

この他にも、エクセルには、便利な関数がいろいろあります。
少しずつ、必要に応じて、覚えていくのが良いと思います。

Excel 関数 関連書籍(Amazon)