エクセル(Excel)のマクロって、ご存じですか? 使ったことはありますか?
マクロということば知っていても、どういうときに使うものなのか、知らない、よく分からない、という人が、たぶん多いと思います。


マクロとは、エクセルの作業(操作)を記録し、その操作を自動的に実行する機能です。つまり、マクロを使うと、あなたがエクセルを使って行った操作を、何度でも自動的に実行してくれるんです。毎回同じ作業をすることの多い人でしたら、マクロはとても便利ですよ。

【マクロが便利なケース】
1.繰り返し作業が多いとき
2.複雑な作業をするとき
3.いろんなシートから大量のプリントをするとき
4.他人に作業を任せるとき

マクロは、エクセルがインストールされていれば、すぐに使うことができます。しかし、エクセルの初期設定では、マクロが動かないようになっています。

【マクロ使用の準備】
1.メニューの「ツール(T)」→「マクロ(M)」→「セキュリティ(S)…」
 「セキュリティ」をクリックして下さい。
2.セキュリティーの設定画面が表示されます。
 「高」「中」「低」を選べますが、「中」を選んで(チェックして)、セキュリティーの設定画面を閉じて(右上の「×」をクリックして)下さい。

以上でマクロが使えるようになります。

【マクロの作業記録方法】
1.メニューの「ツール(T)」→「マクロ(M)」→「新しいマクロの記録(R)」をクリックして下さい。
2.「マクロの記録」画面が表示されます。マクロの名前を入力します。マクロの保存先は、とりあえず既定値の「作業中のブック」で良いでしょう。「OK」をクリックして下さい。
3.マクロに記録させる操作を開始して下さい。
4.記録させる作業が終了しましたら、
 メニューの「ツール(T)」→「マクロ(M)」→「記録終了(R)」をクリックして下さい。
5.マクロを記録したエクセルを保存して下さい。

【マクロの実行方法】
1.メニューの「ツール(T)」→「マクロ(M)」→「マクロ(M)…」をクリックして下さい。
2.「マクロ」画面が表示されます。先ほど保存したマクロが表示されています。実行したいマクロ名を選択して、右側の「実行(R)」をクリックして下さい。
3.マクロに記録した作業が自動実行されましたので、確認して下さい。

以上でマクロの基本は終わりです。

使ってみますと、意外と簡単だと思われると思います。マクロに記録させるときに、作業順序を間違えなければ、大丈夫です。そして、楽しみましょう!