エクセル(Excel)の機能の中に、グラフがあります。
グラフは便利です。
資料にグラフを付けますと、見栄えは良くなりますし、説明に使うデータが分かりやすくなりますよね。
グラフの作成方法を知っておいて、損は無いと思います。

1.エクセル グラフの種類

エクセルのグラフには、いろんな種類があります。
縦棒グラフ
横棒グラフ
折れ線グラフ
グラフ
散布図
グラフ
等高線グラフ
ドーナツグラフ
レーダーチャート
グラフ
バブルチャート
など。
さらに、グラフによって、立体(3D)を選ぶことができます。

2.エクセル グラフの特徴

円グラフドーナツグラフ
  各項目の全体に対する構成比を表すときに適しています。
棒グラフ
  各項目の値を比較するのに適しています。
折れ線グラフ
  時系列比較、時間の推移に伴う変化を表すときに適しています。
面グラフ
  複数データの、時間の推移に伴う変化を表すときに適しています。
散布図
  時間の変化には無関係に、多くのデータポイントを比較するときに適しています。

3.エクセル グラフ作成方法(概要)

  1. エクセルのシートに、グラフ化するデータを入力します。
  2. グラフ化するデータの範囲を指定、選択します。
  3. グラフウィザードボタンをクリックします。
  4. グラフの種類と形式を選択します。サンプルを表示し、目的にあったグラフか否かを確認します。
  5. 「タイトルとラベル」タブより、グラフタイトル、X軸、Y軸などを入力します。
  6. 必要に応じて、目盛線、凡例、データラベルを設定します。
  7. グラフを表示するシートを選択します。
  8. グラフの見栄えを良くするための調整をします。

【例】

  • グラフの外枠の線の有無、線の種類(実線、点線など)、色、太さ
  • グラフ背景色
  • タイトルや軸ラベルの表示
  • 縦軸、横軸の書式、目盛ラベルの有無
  • パーセンテージ表示の有無

基本的なエクセル グラフ作成方法は以上となります。

いろいろ作りながら、慣れていきましょう。
そして、楽しみましょう!

Excel グラフ 関連参考書