エクセルには「VBA(ブイビーエー)」というものが備わっていますが、あなたは「VBA」をご存じですか?
おそらく、聞いたことがあるような、無いような・・・という感じではないかと思います。


VBAとは、エクセル(だけではありませんが)に付属しているプログラミング言語です。
Visual Basic for Applicationの略です。
VBAは、マクロを作るためのプログラミング言語です。

VBAはエクセルと一緒にインストールされますので、特に追加のインストールをしなくても使えます。

VBAを使いますと、エクセルのあらゆる作業を自動化することが出来ます。

VBAでマクロを作るわけですから、VBAを使うメリットはマクロと一緒です。

3回目の配信でお話しした「マクロ」は、自動記録によって作成しました。
VBAは、自動ではなく、手動でマクロをを作っていく言語、ということなんです。

自動で作ったマクロを、ちょっと変更したいときにも、VBAを使えます。

ただし、プログラミング言語ですから、マクロの習得よりも勉強が必要だと思います。

VBAでプログラミングするときは、Visual Basic Editorという、VBA専用のエディター画面を使います。

Visual Basic Editorの起動

1.メニューの「ツール(T)」→「マクロ(M)」→「Visual Basic Editor(V)」をクリックします。
  Visual Basic Editorが起動します。
2.メニューの「挿入(i)」→「標準モジュール(M)」をクリックします。
3.Module1というものが自動生成されます。
  ここにプログラムを書いていきます。

VBA関連用語

オブジェクト:VBAの操作対象となるもの。
  (例)ワークブック、ワークシート、セル
     エクセル本体もオブジェクトです。
プロパティ:オブジェクトの属性情報。
  (例)色、形などの見た目
メソッド:オブジェクトが可能な動作(命令)。
  (例)あるセルを選択する。背景色を変える。
プロシージャ: VBAの処理単位。実行時の処理手順をまとめたもの。
  プロシージャの種類:
  (1) subプロシージャ
    「Sub」で始まり「End Sub」で終わります。
    引数は受け取るだけ。
  (2) functionプロシージャ
    「Function」で始まり「End Function」で終わります。
    引数を受け取り、戻り値を返します。
    したがって、関数としての役割を果たすことができます。
モジュール:複数のプロシージャを合わせたもの。
プロジェクト:モジュールの集まり。

VBAを覚えるのは、初心者を脱出した後で構いません。
ですから、今は「VBAというものがあるんだ」ということを覚えていれば十分です。

VBAを使えるようになりますと、エクセルを自由自在に扱えるようになります。
そして、もっと楽しめるようになります!

Excel vba 参考書