ハイパーリンクをご存じですか?

あなたがインターネット・エクスプローラーなどのブラウザを使うとき、ある文字列をクリックすると、別のページが開いたりすることがありますよね。
その機能のことを「ハイパーリンク」と呼びます。


ハイパーリンクとは、クリックをするだけで、特定のサイトやファイルを開いたり、指定したメールアドレスに宛てたメールを自動作成したりする機能のことです。
この機能が、エクセルにもあるんです。

セルにURL(サイトのアドレス)メールアドレスを入力すると、エクセルは自動的にハイパーリンクを設定します。
そのセルをクリックすると、設定されたサイトを開いたり、メールソフトを起動させたりします。

また、エクセルファイル(ブック)内の、別のシート名を設定することも出来ます。
そのセルをクリックすると、設定されたシートにジャンプします。

ハイパーリンクの設定は簡単です。
ここでは、設定されたシートにジャンプする方法を説明します。

ハイパーリンク設定方法

  1. ハイパーリンクを設定したいセルを選択します。
  2. メニューバーの「挿入」→「ハイパーリンク」を選択します。
  3. 「ハイパーリンクの挿入」画面の「リンク先」で「このドキュメント内」を選択します。
  4. 「ドキュメント内の場所」の中から、ジャンプしたいシートを選択します。
  5. 「セル参照を入力して下さい」に、ジャンプしたいセル番号を入力します。
  6. 「OK」をクリックします。これで設定完了です。

ハイパーリンク解除方法

  1. メニューバーの「挿入」→「ハイパーリンク」を選択します。
  2. 「リンクの解除」を選択します。

または、

  1. ハイパーリンクの設定をしたセルの上で右クリックし、「ハイパーリンクの削除」を選択します。

おまけ

URLやメールアドレスのハイパーリンクを自動設定させない方法

  1. メニューバーの「ツール」→「オートコレクトのオプション」を選択します。
  2. オートコレクト画面の「入力オートフォーマット」タブを選択します。
  3. 「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックをオフにします。

ハイパーリンクが自動設定された直後に、その設定を解除するには、「Ctrl」キーを押しながら「Z」キーを押します
(元に戻す、ということです。)

ハイパーリンク機能を上手に使って、エクセルを楽しみましょう!

エクセル スキルアップ 参考書 → エクセル スキルアップ