パソコンはとても便利な道具です。しかし、使い方を誤りますと、却ってトラブルの元になります。まだまだパソコンは、テレビのような「家電」にはなっていません。
パソコンを使用するとき、最も重要なのがデータの保存だと思います。


ご存じかと思いますが、パソコンは紙などとは異なって、データを形のあるモノとして保存するわけではなく、電気信号として保存しています。
したがって、想像以上に簡単にデータが損傷したり、紛失したり、消滅したりする可能性があります。ですので、常に二重、三重のバックアップをしておく必要があります。
「コンプライアンス」などというものをしっかりやっているはずの大企業がパソコンデータを紛失した、なんてニュースを耳にしませんか?
バックアップの方法はいろいろあります。最も簡単な方法は、DVDやCDに保存する方法です。これならば、あまり費用をかけずにバックアップを取ることができます。
しかし、保存する作業は時間もかかりますし、手間ですし、保存したメディアの保管場所にも困ります。
これらの手間を軽減するのが、他のハードディスクに保存する方法です。外付けのハードディスクを購入し、パソコンに接続して重要なファイルを保存します。
ハードディスクの付属機能として、新しく追加されたり、更新されたファイルのみを自動でバックアップする機能を備えたものも販売されています。主に添付のソフトウェアを使う方法です。こういうものを使いますと、とても便利です。
また、外付けのハードディスクでしたら、自分で好きな容量ものを購入することができます。データ容量を気にせずに使用することができます。
レンタルサーバなどのような、大容量を保存できるインターネットのサービスも安価に利用できます。こういったものをバックアップとして利用してもよろしいかと思います。
サーバに保存したデータを丸ごとバックアップしてくれるサービスが付いているレンタルサーバもありますので、あなたの使用用途に応じたバックアップをとることが可能です。
パソコンデータは、ある日突然消滅してしまうかもしれません。面倒だと思わずに、日頃からバックアップすることをオススメします。
●おすすめ参考書
とってもカンタンいますぐできる! バックアップと再インストール WindowsVista対応 (かんたんパソコン生活)

とってもカンタンいますぐできる! バックアップと再インストール WindowsVista対応 (かんたんパソコン生活)
Windows Vistaでらくらく保存 CD/DVD作成 (かんたんパソコン生活) できるWindows Vista (できるシリーズ) 生きかた上手
by G-Tools
・その他、パソコン バックアップ 参考書 → http://bd77.net/kr/ad10.cgi