ノートパソコンの販売金額が前年同月比で12.5%減少しているそうです。しかし、販売台数は21.6%増加しているそうです。
この原因の多くは、低価格の「ネットブック」と呼ばれているノートパソコンの売上が増えているためです。
たしかに、ネットブック登場前までは、10万円未満のノートパソコンって、まともなものは無かったと思います。
東芝、NEC、富士通、ソニーもネットブックを発売し、どれも「使える」ノートパソコンになっています。売れるのは当然でしょう。
しかし!
パソコン初心者の方で、初めて買うパソコンとしては、私はオススメしません。
理由は、
1.画面が小さい
2.キーボードが小さい
からです。
ネットブックは、パソコンに慣れた人の2台目のパソコン、特にモバイル用のパソコンだと思います。
参考:日経Teck On
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090709/172829/