オートシェイプとは、三角形や四角形などのような図形、吹き出し、矢印などを描く機能、図形描画機能です。パワーポイントでプレゼンテーションなどを作るときに、よく使う機能です。


オートシェイプパワーポイントのみではなく、エクセルやワードにもある機能です。マウスを使って、思い通りに形を作ることができますので、お使いになったことが有るかと思います。

例えば、楕円の中に文字を入れたり、文字を四角形のオートシェイプで囲ったりして、文字を強調したり、プレゼンテーションにアクセントを付けたりすることができます。

パワーポイントオートシェイプを使うときは、まず初めに、自分が作りたいプレゼンテーションの内容を考え、それに合う図形を考えます。

最初は、完成型のイメージを思い浮かべて、適度に形を作ってみます。そして、図形を見やすい感じに並べていきます。

パワーポイントの初期設定では、「図形の調整」ツールバーが画面の一番下に表示されています。これを使ってオートシェイプの配置や整列を調整していきます。次に、オートシェイプの中に文字を入れていきます。

もし、オートシェイプの形を変更したい場合は、オートシェイプをクリックします。すると、周りに点線と白い丸(○)が表示されます。この丸にマウスポインタを載せると、マウスポインタが両向き矢印に変わります。この状態でクリック&ドラッグしますと、オートシェイプの形を変えることが出来ます。

一部のオートシェイプには、黄色いひし形の点が表示されます。これを調整ハンドルと呼びます。調整ハンドルをドラックすると、オートシェイプ全体の形や大きさが変わります。

文字を入力した後で、オートシェイプを別の形に変えたいときは、「図形描画」ツールバーから「オートシェイプの変更」をクリックします。

オートシェイプの使い方には、この他に、回転、反転、グループ化などがあります。いろいろ試して、慣れていきましょう!