行間」というのは、文字どおりに考えますと、「行と行との間」のことですよね。
しかし、ワードにおける「行間」は、そのような意味ではありません。


ワードの「行間」とは、「行の上部から次の行の上部まで」のことです。
つまり、「文字の高さ+行と行との間の空間の高さ」です。
ワードの行間の設定には、「●行分」という設定もありますが、これ以外に「●pt」という数値の設定もあります。
ワードの「行間」の意味を勘違いしますと、自分の思ったとおりに設定できない恐れがあります。
気を付けましょうね。
ワードで文書を作成をしているときに、フォントのサイズを変えますと、想像以上に(一般的な意味の)行間が開いてしまうことがありませんか?
また、「吹き出し」やテキストボックスへの入力で、(一般的な意味の)行間が開きすぎてしまって、枠内にきれいに収まらないことがあるかと思います。
これらの現象は、行間の設定で解決することができます。
ワードの行間を変える手順は、次のとおりです。
1.行間を設定したい文章(段落)の範囲を選択します。
2.メニューバーの「書式(O)」→「段落(P)」をクリックします。
 段落設定画面が表示されます。
 ※書式設定ツールバーにも行間設定ボタンがあります。
3.画面中央あたりにある「行間(N)」で、希望の値を選択します。
 「最小値」「固定値」の場合は、「間隔(A)」の入力欄に、pt単位で「行間」の数値を入力します。
 ※最小値というのは、最低限●ptにする、というものです。
段落前後の間隔も設定できます。
いろいろ試して見てください。
きっと、思いどおりのレイアウトができると思います。
ワードを何度も使っていけばいくほど、自分好みの行間設定ができるようになりますよ。
そして、楽しみましょう!
●おすすめ参考書

パソコン教科書作って楽しむMicrosoft Office Word 2007 (マイクロソフト公式解説書)
パソコン教科書作って楽しむMicrosoft Office Word 2007 (マイクロソフト公式解説書)

・その他の マイクロソフト ワード 参考書 → マイクロソフト ワード

●2007 Microsoft Office試用版ダウンロード
・60日間無料お試しできます。
http://office.microsoft.com/ja-jp/products/HA101741481041.aspx