ワードというソフトは、あなたもご存じのとおり「ワープロ」です。
つまり、文章を作成するソフトです。
ですので、複雑な表を作成することは、ワードは苦手です。
表を作りたいときは、エクセルを使った方が良いと思います。


ただし、2~3列程度の単純な表でしたら、ワードでも作ることができます。
それほど難しくありませんよ。

特に、文章と組み合わせた表を作りたいときは、ワードの表作成の方が楽かもしれません。
例えば、サークルの行事を一覧表にしたり、町内会の仕事の当番表を作成したりする程度のものでしたら、エクセルよりもワードのほうが作りやすいと思います。

表の作成

表をマウス操作だけで作ってみましょう。
ワードの場合、表を作るときは、行数と列数をマウスだけで指定できます。

1 表を作成したい位置にマウスカーソルを置きます。

2 ツールバーの「挿入」→「表」をクリックします。

3 「表の挿入」画面が表示されます。10x8のマス目がありますよね。

4 マウスポインタをマス目に乗せます。
  マウスを動かすとマス目の色がオレンジに変わります。
  同時に、そのマス目に対応した表が、ページ上でプレビューされます。
  オレンジになったマス目が、作成される表の行数と列数になります。

5 行数と列数が決まりましたら、その作りたい行数・列数の位置でクリックします。

大きな表を作成したいときは、ツールバーの「挿入」→「表」をクリックし、メニューの「表の挿入」をクリックします。
表の列数と行数を設定できる画面が表示されますので、作成したい列数と行数を入力します。

さて、表が作成できましたら、各セルの中に文字を入力します。

あるセル内の入力が終わって、右隣のセルに移動したいときは、「Tab」キーを押します。
その行の右端のセルで「Tab」キーを押すと、下の行の左端のセルに移動します。

上の行、下の行に移動したいときは、「▲」キー、「▼」キーを押します。

このようなキーボード操作を覚えますと、ワードを使いやすくなります。
そして、楽しみましょう!

マイクロソフト ワード 参考書