通常、文書にはページ番号を付けますよね。
ワードで新規文書を作成するとき、ページ番号は自動的には付きませんので注意して下さい。
ページ番号を付けたいときは、自分で設定しなければなりません。


ワードページ番号が自動的に付かないのは、文書の1ページ目からページ番号を付けたくない、といった場合もあるからだと思います。
さて、ワードの文書にページ番号を付ける方法は、いくつかあります。
最も簡単なページ番号の設定方法は、次のとおりです。
1 メニューバーの[挿入(I)]→[ページ番号(U)]をクリックします。
  [ページ番号]画面が開きます。
2 「位置(P)」や「配置(A)」で、ページ番号の位置を決めます。
  設定を変えますと、右側の「サンプル」が変化します。
  黒く小さい■が、ページ番号の位置です。
  一般的なページ番号の場所は「下部の中央」ですよね。そこで、
  「位置(P)」・・・「ページの下」
  「配置(A)」・・・「中央」
  を選択します。
3 [書式(F)]ボタンをクリックします。
  [ページ番号の書式]画面が開きます。
4 「番号書式(F)」にて、番号の種類を選択します。
  「1, 2, 3, …」や「A、B、C…」などがあります。
  その他の項目は変えずに[OK]ボタンをクリックします。
5 [ページ番号]画面に戻りましたら[OK]ボタンをクリックします。
  ページ下の中央にページ番号が表示されます。
ところで、ワード文書では、ヘッダーとフッターに入力した文字を、全ページに共通して表示させる、ということが可能です。
ページ番号や印刷日時などのような「変化するデータ」も設定することができます。
ヘッダーとフッターに「変化するデータ」を設定しておきますと、ページや日時をいちいち入力しなくても、1ページには「1」、2ページには「2」というように、ワードが自動的に数値を変えて表示してくれます。
便利な機能ですので、ぜひお試し下さいね。
●おすすめ参考書

いちばんやさしいパソコンの本 はじめての人のためのワード2007超入門 Windows Vista対応
いちばんやさしいパソコンの本 はじめての人のためのワード2007超入門 Windows Vista対応

・その他の マイクロソフト ワード 参考書 → マイクロソフト ワード