画像編集ソフトといえば「Adobe Illustrator」が、世界的なDTP業界での標準ドローソフトになっています。
ドローソフトとは、目印になるポイントを自動的につないで図を作成するソフトです。いわゆる「お絵かき」ソフトは「ペイントソフト」です。


ドローソフトとペイントソフトとは、描き方がちょっと違うんです。(本当は「ちょっと」ではなく「全く」違うものですが、今は気にしなくて良いと思います。)
この「Adobe Illustrator」の最大の特徴は、「ベジェ曲線」という線を使う点です。これによって簡単かつ強力な描画が可能になっています。
例えば、次のようなものの多くは「Adobe Illustrator」で描かれています。
・取扱説明書に出てくるイラスト(筆で描いたような絵は苦手です)
・印刷、映像、Webで使用するロゴ、グラフ、地図
・広告、パンフレット、本の表紙
「Adobe Illustrator」が出来ることは、主に次の3つです。
・「ペンツール」にて、ベジェ曲線で形を作ること
・「文字ツール」にて、文字を書くこと
・「配置」にて、画像などのパーツを並べること
「ペンツール」で形を作ることは、ちょっと特殊な感じがしますので、初めはその扱いが難しいと思います。しかし、慣れれば思い通りの線が描けるようになるでしょう。
「Adobe Illustrator」は、バージョンアップ毎に様々な機能が追加されています。また、プラグインの追加で機能拡張もできるようになっています。
なお、2009年11月現在の最新版は、CS4です。
・Adobe Illustrator CS4 (V14.0) 日本語版 Windows版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001JJCJZ0/fanx3-22/ref=nosim/
・Adobe Illustrator CS4 無償体験版ダウンロード
http://www.adobe.com/go/tryillustrator_jp
●おすすめ参考書
プロではないあなたのためのIllustrator for Windows&Macintosh CS4/CS3/CS2/CS対応
4767808871

・その他、Adobe Illustrator 参考書
 → http://bd77.net/kr/ad25.cgi