パソコンで使う業務用ソフトウェアとして、ワープロ表計算(スプレッドシート)は当たり前になっていると思います。
昔は、文書を作るのはパソコンでなく、ワープロ専用機が一般的でした。


しかし、DTP(デスクトップ・パブリッシング)機能や表計算機能を持たせた総合的な(統合された)ソフトとして、マイクロソフト社から「Microsoft Office」が発売され、その戦略が成功し、「Microsoft Office」が世界標準となってしまいました。
「Microsoft Office」の標準版では、個人で入手するには「高価すぎる」、「いらない機能まで付いている」といった声が強かったそうです。そこで「Microsoft Office Personal」が発売されました。
この「Microsoft Office Personal 2007」は、
ワープロとして使用頻度の高い操作を優先的に表示するユーザ・インターフェイスと、高度な編集機能を併せ持ったDTP機能を持つ「Word 2007」、
表計算ソフトとして高機能な関数や、Visual Basic をベースにしたマクロ機能による高度な処理を可能にする「Excel 2007」、
電子メールの通信機能をもつ「Outlook 2007
となっています。
これらのソフトの操作性が共通化されているのも特徴の一つです。
なお、プレゼンテーション用の PowerPoint 2007 が除かれています。PowerPointをお使いの方は、「Microsoft Office Standard」などを購入して下さい。
また、「Microsoft Office Personal 2007」の動作可能なWindowsのバージョンは、「Microsoft Windows(R) XP Service Pack (SP) 2、Windows Server(R) 2003 SP1、またはそれ以降のオペレーティング システム」となっています。
つまり、Windows 2000やMeでは動作が保証されていません。XPでもサービスパック2以降の適用が必要です。ご注意下さい。
Microsoft Office 2007 Personal
●おすすめ参考書
よくわかるMicrosoft Office Word2007&Excel2007&PowerPoint2007

よくわかるMicrosoft Office Word2007&Excel2007&PowerPoint2007
よくわかるMicrosoft Office PowerPoint  2007 よくわかるMicrosoft Office Excel2007(応用) よくわかるMicrosoft Office Word 2007 (応用) Office Professional 2007 アカデミック 20 周年記念 優待パッケージ よくわかるMicrosoft Office Excel 2003 基礎
by G-Tools
・その他、Microsoft Office 2007 参考書
 → http://bd77.net/kr/ad23.cgi