ITパスポートに合格すると、様々な職業に就くのに有利といわれています。
特に、インターネット系パソコン利用頻度の高い事務などでは有利になるでしょう。

ITパスポートは、「IT社会で働く上で必要となるITに関する基礎知識を習得していることを証明する国家試験」ですので、この資格を持っているとパソコン関連の業務に強いとみられることができるのです。

「ネット社会」と呼ばれている現代に必要である資格となるものでしょう。
どんな企業や職業でも、ITとの関係性があります。
ITなくしてはビジネスが成り立たないと言っても良いでしょう。

それに国家試験ということもあって、高く人気が集まっているでしょう。
平成21年(2009年)11月から始まった試験ですので、持っている人はまだ多くありません。
合格者は平成29年1月までで約15.8万人です。
そのため、合格していれば、していない人よりも一歩有利と思います。

将来、就きたい職が見つかっていない方にも、おすすめの試験です。
合格している事で、就職の範囲も広がります。

IT系のプログラマーやシステムエンジニアを目指す方には、入門となる資格と言えるでしょう。
情報技術に関わる職やキャリアアップを目指している人にも、これからは不可欠のものになっていくでしょうね。

今後、どんどん有名になると思われる国家試験ですから、将来を考えておく方はぜひ合格してくださいね。

参考資料:

【ITパスポート試験】統計情報(公式サイト)