ITパスポート試験の勉強のコツは、とにかく参考書をよく読むことです。

ITパスポートは平成23年11月から始まった新しい試験ですので、過去問題は多いとはいえません。
また、初級シスアドの試験よりも試験時間が短くなったため、過去の問題をあまり出さないのではないかと思われます。

つまり、ITパスポートは過去問題が出ない試験と言って良いかもしれません。
そのため、参考書の内容をしっかりと頭に入れることが合格への一番の近道です。

参考書を読むことに重点を置きながら、過去問題を解いて試験問題に慣れるようにしていって下さい。
出やすい範囲を調査して、その範囲を重点的にやっていくのも効果的です。

ところで、ITパスポートには初級シスアドにはなかった用語や問題があるでしょう。
用語の意味を調べたり、暗記することも重要となってきます。

まだ歴史の浅い試験ですから、参考書が最も勉強に適しているのです。

「割と簡単」といわれている試験ですが、あくまでも「国家資格にしては」ですので、ちゃんと勉強なさって下さい。
参考書の隅々まで目を通し、過去問題を解くことが効率のいい勉強方法です。