MOSとはMicrosoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の略で、マイクロソフトのオフィス製品のスキルを証明出来る資格試験のことです。

MOSは、マイクロソフト社のオフィス製品の中の、Word(ワード、文書作成ソフト)、Excel(エクセル、表計算ソフト)、PowerPoint(パワーポイント、プレゼンテーション ソフト)、Access(アクセス、データベース管理ソフト)、Outlook(アウトルック、電子メール・情報管理ソフト)のスキル認定の、一般ユーザー向け資格です。

圧倒的シェアを誇っているマイクロソフト社の資格で、世界中で通用する国際資格と言えるものですので、合格していると、就職時や実務において心強いでしょう。

例えば、就職活動の時に自分のパソコンスキルをアピールする場合、具体的にどの程度オフィス製品を使いこなせるのかを言葉で表わすのは、意外と難しいものです。
この資格を持っていれば、効果的にアピールできますので、これから就職をする学生さんや転職を考えている方には、自分のスキルをアピールできる資格として、とても良いものだと言えます。

オフィス製品を普段からよく使っている方でも、資格を取っておくと、就職や転職の際にアピールポイントが増えますから、取得しておいて損は無いと思います。

MOS 2016 テキスト 関連書籍